パリといえば、カフェで朝ごはん。

パリっ子たちはめいめいお気に入りのカフェで朝食をとるのが日課です。

さいきんは、ビジネスマンたちが打ち合わせを兼ねた「ビジネスブレックファスト」をカフェでするのもポピュラーになってきました。

カフェによって雰囲気も客層もまったく異なるのがパリのカフェの特徴。



14区モンパルナスといえば、老舗レストラン「La Coupole (ラ・クーポール) 」

筆者がいつもオーダーするのは朝食セット。

ホットドリンク、フレッシュオレンジジュース、パンのセットで、老舗レストランの朝食だけあって朝からゴージャスな気分になれます。

ギャルソンのサービスも質が高く、さすがラ・クーポール。


[画像:9801ff6e-s.jpg]

店内のインテリアはアール・デコ様式で統一されていて、優雅な雰囲気。

インテリア装飾をながめているだけで楽しくなってしまいます。

それぞれの柱には1900年はじめに著名な画家たちが描いた絵が残っていて、まさに眼福。

[画像:466ea444-s.jpg]




14区モンパルナスでもう一つはずせない老舗レストランが「Le Select (ル・セレクト)」

[画像:02cdf925-s.jpg]

[画像:7cf15d02-s.jpg]


この日は時間がなかったのでシンプルな朝食セットをオーダー。

ホットドリンク、フレッシュオレンジジュース、クロワッサンのセット。

前述のラ・クーポールでもそうですが、こちらのポットやカップのデザインもとてもパリらしく、フランス気分を味わえます。

[画像:7f3df4e8-s.jpg]

[画像:25a6001a-s.jpg]

[画像:f948ed00-s.jpg]

屋内のテラス席は外を眺めながら食事ができるのでおすすめ。

天気がいい日は朝日を浴びて気持ちいいです。

[画像:1d014f0f-s.jpg]

[画像:3e92b92e-s.jpg]

[画像:ece770af-s.jpg]


[画像:bd4919b0-s.jpg]
[画像:d66fe1c4-s.jpg]

[画像:cc1f9561-s.jpg]



老舗レストランがならぶモンパルナス大通りに、2016年6月に新星のごとくオープンしたカフェが「L'appolo(ラポロ)」

お腹がすいた朝にぴったりの朝食セットをオーダーしてみました。

ホットドリンク、フレッシュオレンジジュース、パン、目玉焼きのセット。


[画像:1f6a2c42-s.jpg]

ちなみに、フランスの目玉焼きはナイフ・フォークとパンで食べるので、黄身はほぼ生状態です。

それがフランスの目玉焼きなので、フランスならではの食べ方を楽しんでみていただけたらと思います。


[画像:f1024626-s.jpg]

フランスは完全分煙なので、タバコを吸う人は外のテラス席へ。

[画像:bbf74bc0-s.jpg]


ありとあらゆるカフェが立ちならぶパリの街で、一見客がカフェをえらぶのは至難の業。

モンパルナスに宿泊される機会がありましたら、この中からぜひお気に入りのカフェをみつけてみてください。